「給食で牛乳を強要された」 250万円の慰謝料を求め提訴

静岡県駿東郡長泉町で、当時小学6年生の少年が担任から給食の牛乳を飲むよう強制されてPTSDを発症したとして、少年と家族が町を相手取り、250万円の慰謝料を求める訴えを起こした。

NHKによると、少年は学校に対して事前に、牛乳が飲めない体質であることを伝えていたにも関わらず、3か月以上毎日のように、教員から牛乳を飲むよう強要されていたという。

近年、給食の完食を強要するといった過剰な給食指導が度々問題になっているが、会食恐怖症克服支援協会で代表理事を務める山口健太さんは、「報道を見る限りだと、教員の指導は不適切」だと話す。

「苦手なものを無理やり食べさせられることでトラウマになり、その後の人生に影響してしまうことだってあります。良い指導だったとは言えないと思います」

強制的に食べさせるのではなく「双方向のコミュニケーションを」

また、牛乳が飲めないことを家族が学校に伝えていたことが事実であれば、「教員がこれをどのように受け取っていたのか気になるところです」とも話していた。
報道によると、少年には感覚過敏の症状があったという。

「給食で牛乳を強要されてPTSD」静岡県で訴訟に発展 給食ハラスメントはどうしたら防げるのか?
001
https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-8638/

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
「給食で牛乳を強要された」 250万円の慰謝料を求め提訴