シダックス、カラオケ撤退 給食事業に集中 「カラオケ館」運営会社に株式売却

給食受託やカラオケなどを手掛けるシダックスは30日、カラオケボックスの運営事業から撤退すると発表した。「カラオケ館」などを運営するB&V(東京・新宿)に運営子会社の持ち株81%を売却し、同子会社に対する97億円分の債権も譲渡する。不採算店の大量閉鎖などリストラを進めてきたが、自力の立て直しは難しいと判断した。今後は給食などフード事業に経営資源を集中する。
001
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3117088030052018TJ3000?n_cid=SNSTW001

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
シダックス、カラオケ撤退 給食事業に集中 「カラオケ館」運営会社に株式売却