イカ不漁が深刻、ついに「よっちゃんイカ」から『当たりくじ付き』が消える。背景には外国船の存在も

1:  2018/05/30(水) 20:28:03.66 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180530/k10011457891000.html

子どもたちの楽しみが、また一つ無くなることになりそうです。駄菓子屋で人気の“よっちゃんイカ”。
イカの風味とさっぱりとした酸味が食欲をそそる駄菓子です。中でも「当たりくじ付き」は、
もうひとつゲット出来るかどうか、運試しに挑もうという子どもたちのあいだで絶大な人気を誇っていました。
ところが「当たりくじ付き」の販売が5月で終了することになったのです。駄菓子の“定番”に何が起きたのか?

■厳しい原料事情が…
no title

“よっちゃんイカ”は、山梨県中央市にある海産物加工販売会社「よっちゃん食品工業」が製造販売している「カットよっちゃん」の通称です。

10グラム入りで1個30円。

ことし4月末。この会社では、当たりくじ付きの「カットよっちゃん(当たり付き)」の販売を5月いっぱいで終了することを発表しました。

当たりくじ付きは、袋の内側に「当たり」と表示されていると、もう1つもらえる商品。ロングセラーの一つです。

なぜ、販売を終了してしまうのか。

会社に取材すると「厳しい原料事情がある」というのです。

“よっちゃんイカ”の原料となるイカ。

実は最近、不漁の影響で価格が高騰しているのです。

■深刻な不漁で神頼みも…

イカの中でも代表的なスルメイカは深刻な不漁に見舞われています。

イカの水揚げ量が日本一の青森県八戸港。5月から主力のスルメイカの今シーズンの漁が始まりました。

この日、市内の神社に集まったイカ釣り漁船の乗組員たち。漁の安全と豊漁を祈りました。
no title

船団のリーダーを務める大橋社さんは「おととし、去年と2年続けてまったくダメ。神様にお願いするしかない」と話していました。

農林水産省のまとめによりますと、全国で最も水揚げが多い「スルメイカ」の水揚げ量は、統計が残る1956年
(昭和31年)以降、おととし、去年と2年連続で過去最低を更新しました。去年までの30年に限ると、最も多かった
1996年(平成8年)の44万4000トンに対し、去年はわずか6万1000トン。およそ7分の1にまで落ち込みました。

水産の専門家によりますと海水温の変化により資源量が減ってしまったことが主な原因と見られています。

さらに大橋さんたち、イカ漁師の頭を悩ませているのが、外国船の存在です。

数百隻にもなる漁船が、日本の排他的経済水域で違法な操業を繰り返し、大量のスルメイカを漁獲していくというのです。

大橋さんたちは、イカの不漁の原因は外国船による違法操業も影響しているのではないかと見ています。

大橋さんは「先を見ると本当は悲観的ですが、漁に出る以上は頑張って大漁してきたいと思います」と心を奮い立たせていました。

引用元: ・【漁業】イカ不漁が深刻、ついに「よっちゃんイカ」から『当たりくじ付き』が消える。背景には外国船の存在も


続きを読む

Source: 2ch飯ちゃんねる
イカ不漁が深刻、ついに「よっちゃんイカ」から『当たりくじ付き』が消える。背景には外国船の存在も